Do you know how to test the Hardness of Copper? Well, copper plays an important role in the life of human beings. From the delivery of electricity to the supply of water, copper made all things possible.

It allows the electric current to pass through it with the same voltages; it is a good conductor of electricity.

Copper is used in electric appliances, almost every high-quality motors have copper wires in them.

In the past, the cutlery item is made from copper with are a good conductor of heat and cold. Copper itself is soft in nature but when you mix it with any other metal it becomes hard.

金属の硬度はどれくらいですか?

硬度は、押し込みに対する金属の耐性と呼ばれます。硬度は永久に残るわけではなく、金属の強度と可塑性に依存します。

金属の硬度は測定方法によって異なります。測定結果は定量値で表されます。

金属の抵抗はそれらを硬くする可能性があります、抵抗は4つの異なるものを指します。それらは、引っかき傷、摩耗、切断、および浸透です。

金属のさまざまな特性により、荷重が加えられたときに永久に抵抗したり変形したりすることができます。変形に対する抵抗が大きいほど、材料の硬度が高いことを示します。

材料の硬度は、一般的に材料の品質テストと品質管理に使用されます。

The main reason for the quality control of the materials is because they are fast and known to be non-destructive tests. There are some of the important measurements for the hardness of the materials described below:

押し込み硬度: これは、鋭利な物体から一定の圧力または荷重が加えられたときの変形に対する材料の抵抗を測定できる簡単な方法です。ロックウェル、ブリネル、海岸、ビッカースで測定できます。

引っかき硬度: in this method, we measure the resistance of the metal for permanent plastic deformation or fracture due to the friction of the sharp object on it. For the measurement of this method, the Mohs scale is used.

リバウンドハーネス: リバウンド硬度とは、ダイヤモンドチップハンマーを特定の材料の特定の高さから落下させて硬度を確認する方法です。ベネット硬度とリーブリバウンド硬度スケールは、リバウンド硬度の測定に使用されます。

The conversion table is used to convert one scale to another; it is used for the practices. There is an individual measurement scale for each of these classes.

The Hardness of Copper

銅はシートに使用され、一般的にストリップの形で使用されます。それは99.9パーセントの純銅で構成されており、0.1パーセントは他の金属である可能性があります。

銅の純粋な形は柔らかく、非常に展性があり、複雑な装飾作業などのさまざまな用途に使用できます。

過去には、建物の建設に一般的に使用されていました。銅は他の金属に比べて強度が低いため、銅と一緒にヘビーゲージの材料が使用されます。

時間の経過とともに、銅は建物の構造で他の強力な金属に置き換えられます。

何年も前に冷間圧延銅が導入され、他の材料のゲージが縮小されています。

冷間圧延銅は、他の材料に比べてメンテナンスが少なく長寿命です。

Cold rolled copper is hard and is less malleable than soft tamper copper. It is a popular form of copper that is used for construction purposes.

The common mechanical properties of copper are strength, hardness, and ductility which determine its condition.

銅はソフトからハードに変換できます。銅のレンジングに使用される方法は冷間加工です。焼きなまし(軟質)銅の硬度は40HV、引張強度は200 N / mm2で、冷間加工後の硬度は110 HV、引張強度は360 N / mm2です。焼きなまし銅の延性は冷間加工銅よりも大きい。

You can increase the strength and the hardness of the copper easily. The common way of increasing the strength of the copper is through alloying, but it can affect the conductivity of the electricity.

The hardening process is done by heat treatment and can result in tensile strength of 1500 N/mm2.

Method for hardness

金属の硬さを測定するための試験にはさまざまな種類がありますが、銅の場合、その硬度を決定するために使用される試験は3種類だけです。テストの種類については、以下で説明します。

ロックウェルテスト

ロックウェル硬さ試験は、銅の硬さをチェックするための一般的な試験です。これは、荷重の数と圧子の構成を使用した30の異なるテストで構成されています。

Scale B and C are only used for the thickness of 1mm and can be used for the copper alloys with this thickness. For the thin products the testing should be done through the superficial scales N and T. the hardness of the thin materials are checked with the microhardness scales.

ブリネルテスト

It is a large and extensive indentation test, which is not suitable for thin and wire type materials. It is popular for testing large rods, bars, plates, and other heavy materials.

The testing of these materials will produce large indentations. The Brinell test is run only for materials that are thicker than the minimum of 3.2 inches.

Vickers and Knoop Tests

The Vickers test is also known as the diamond pyramid hardness test.

The load uses in this test is between 1 to 120 kg. If the weight of the material is less than 1 kg then the Vickers microhardness test will perform.  And the knop test is specially designed for the micro indentation hardness testing.

テストは、細長い圧子の助けを借りて実行されています。

上記のすべてのテストは、銅の硬度をチェックするように設計されています。テストの選択は、銅の品質と種類によって異なります。

愛を広めます

ホットセール硬度計をチェックしてください!

ja日本語