誰かに聞いてみると、どのオブジェクトが難しいのか、どれが難しいのかが確実にわかります。

これは、人々が知っていると感じることの1つです。

したがって、彼らはそれに考え直さないかもしれません。

彼らの答えに関してもっと綿密に質問されれば、それは本当の頭を悩ませる人であることがわかるかもしれません。

混乱が長引く場合、硬度とは、力が加えられたときに押し込みに抵抗する特定のオブジェクトまたは材料のさまざまな能力を指し、通常、押し込みの深さの領域を使用して計算されます。

材料の硬度は、その特性の1つではなく、特性として分類する必要があります。

 

ロックウェルテスト

硬度を測定するために使用されるすべてのテストの中で、ロックウェルテストはたまたま実行するのが最も簡単で簡単なものの1つであり、それが最も頻繁に使用される方法である理由です。

その結果の正確さも一般的に疑う余地がありません。

使用できない場合もありますが、ほとんどの場合、この試験はあらゆる種類の材料または物質に使用できます。

 

シンプルでありながら複雑

Rockwell Testは、非常に単純な概念を使用してその仕事をします。

これには、テスト対象の材料に一定量の固定力を加えてから、荷重を取り除き、材料に加えられたくぼみの深さを検査することが含まれます。

一般的に、荷重はダイヤモンドなどの小さな圧子を介して提供されます。

非常に単純に見えるかもしれませんし、概念は単純ですが、実際には、テスト手順はそれが許すよりも複雑です。

この複雑さを増す1つの要因は、金属の個々のビット間の違いです。

これが、30の個別のロックウェルテストがある理由の1つです。

それらは似ていますが、テストに異なる負荷などを利用する傾向があります。

すべてのテストが特定の材料に適しているわけではありません。

適切なテストを選択するときは、材料とその特性を考慮する必要があります。

このテストは、まだアマチュアであり、硬度のテストに不慣れな人に最適です。

その上、ロックウェル試験は一般的に多くの痕跡を残さず、材料は傷がないままです。

さらに、その正確なテスト結果は、このテストにさらなる信頼性を追加するだけです。

正しく行われた場合、このテストは、硬さを問わず、ほとんどすべての材料の硬度をテストするのに十分なはずです。

 

 

ja日本語